Ofiice

児童発達支援センターこだま

個性的な発達をしている子どもたちが、
将来どのように人と交わり、楽しみや喜びを覚え生きていくのか。
周囲の力を借りながらも、その子自身が自分の力で
明るい未来を切り拓いていけるように
子どもたちが、またそのご家族が笑顔になれる未来を目指して、
「わかった!」「できた!」「楽しい!」の体験を通した発達支援を行っています。
こだまはこんなところです

こだまが目指していること

  • 子どもたち一人ひとりに向き合い、
    子どももご家族も将来を見通せる支援を。

    児童発達支援センターこだまは、3歳から5歳の個性的な発達をしている子どもたちの発達支援を目的とした施設です。幼児期はどの子にとっても、その子の生涯にわたる人間形成を左右する極めて重要な時期。子どもたちが明るい未来を作り出す基礎力を培うために、今現在の子どもの発達状態や特性をしっかり把握し、一人ひとりに合った自立課題※作りなど、個々の学びに配慮した様々な工夫を惜しみなく行っています。

    もうひとつこだまが大事にしたいこと、それは保護者の子育ての力をエンパワメントすることです。それぞれの子どもの状況や家庭の意向を理解しながら、子どもと保護者とが安定した親子関係を築き、日常生活や社会生活を円滑に営めるよう、保護者と共に考えてまいります。個性的な発達をする子どもたちの将来の成長の姿を見通し、幼児期の今、子育てで何を大切にしたらよいのか一緒に考えることは、早期支援の重要性からみて、児童発達支援センターの大事な役割と考えています。 子どもと保護者の笑顔を何よりのエネルギーの源として、日々支援活動を行っています。

    ※自立支援課題とは
    一人ひとりのこどもの認知発達・特性に合わせた内容で、子どもがひとりで取り組めるよう作成したオーダーメイドの課題です。初めから終わりまで自分ひとりで取り組む中で、認知を伸ばすだけでなく、自分で考える力や集中する力、やりとげる達成感、最後までやろうという意欲を育むことを狙っています。

こだまの1日

  • 子どもたちが「できた!」「楽しい!」という
    “成長”を日々実感できるような時間づくり。

    登園から降園までの1日の生活では、着脱や排泄、給食や遊び、学びの時間など、お友達や先生と過ごすすべての時間が、その子の「できた!」「楽しい!」につながり成長を促せるものであるよう、一時一時を大切に過ごしています。また、子ども達自身が活動の見通しをもって主体的に動くことを目指して一人ひとりに合わせた取り組みを行っています。

こだまの環境

約30名の子どもたちがのびのびと
楽しく過ごせる環境づくりを目指しています。

朝の自由遊びの時間は安全に配慮し、子どもたちは、遊戯室や園庭、広い廊下に分かれて活動します。
楽しく活動するなかでも、様々な体験を通して運動機能の向上や、順番・交代・おしまいなどのルールを理解する力、
人への関心をもち、自分から働きかけたり、やり取りするコミュニケーションの力を伸ばすことなど、
一人ひとりの子どもの発達に応じたねらいをもって遊びを支援しています。
それらを実現させるため、当施設では次のような環境を整備しています。

  • 遊戯室。トランポリンやスイング、ビーム(ハシゴわたり)などの設定された遊具で跳んだり、揺れたり、走ったりと思い切り遊びます。
  • スケジュール。各々の子どもが分かる手がかりを使い、子どもが自分で「見通し」を持てるように工夫しています。
  • おたより帳。保護者の方との大切なコミュニケーションツールとして、子どもたちの1日1日の変化や成長をお伝えしています。
  • 課題に集中するエリア。一人ひとりが自分自身の力でやり遂げ達成感を味わえるよう、集中できる空間作りを行っています。

■施設図

当施設の廊下では、レールを組み立てて電車を走らせたり、いすに座ってお絵描きをしたり、ままごと遊びやごっこ遊び、ブロックやパズル遊び、絵本読みなど物を使った遊びも自由に行っています。

自転車や三輪車乗り、滑り台、砂遊びなど風や光を浴びながら元気に遊びます。