Office

事業所紹介

福岡障害者支援センターの特徴

8つすべての施設で、幼児期から成人まで、利用者の方の人生を全面的にサポートする仕組みをつくり、
障がいのある方の自立と社会参加を目指し、事業を展開しています。
事業所一覧

子どもたちの元気な声がこだまする場所を

3歳児から就学前の、心身に発達の遅れや特性があるお子さんに対し、将来のより自立的で豊かな生活につながる力を身につけて欲しいと願い、一人一人の発達や特性に応じた支援を行っています。

事業内容

  • 児童発達障害センター
  • 指定障がい児童相談支援事業
  • 保育所等訪問支援事業

利用者の活動内容

  • 設定課題
  • 自由遊び
  • 身辺自立

etc...

利用者の「生きがい」を育むことができる場

どんなに障がいが重くても、自分らしく生きていけるように。利用者の、みなさん一人一人の想いに寄り添いながら、「暮らす」・「はたらく」・「楽しむ」をサポートしています。

事業内容

  • 生活介護事業
  • 就労継続支援B型事業
  • 日中一時支援

利用者の活動内容

  • 箱折り
  • ポスティング
  • 箸入れ
  • 空き缶リサイクル

etc...

事業内容

  • 就労継続支援B型事業出張所(洋菓子の製造販売)

利用者の活動内容

  • クッキー・プリン等の製造
  • 包装
  • 販売

ものづくりから生まれる「笑顔と自信」を

地域での自立生活の実現を目標に、利用者の皆さんの就職支援や生産活動等を支援。一人ひとりの可能性を最大限伸ばしながら、「笑顔と自信」が生まれる環境づくりを続けています。

事業内容

  • 就労移行支援事業
  • 就労継続支援B型事業
  • 自立訓練(生活訓練)事業

利用者の活動内容

  • 自転車再生
  • パン製造
  • 箱折り作業
  • 手芸
  • 就職のための訓練

etc...

人・自然とふれあいながら個性と能力を引き出す

障がいがあっても社会の一構成員として役割を担えるように、利用者の経済的・精神的な自立を目指し、人とのふれあい・自然とのふれあいを通して、個別支援サービスを行っています。

事業内容

  • 生活介護事業

利用者の活動内容

  • にんにく皮むき
  • 手芸
  • 空き缶リサイクル
  • Tシャツデザイン

etc...

障がいを抱え過ごす暮らしに、寄り添いたい

障がいのある方の在宅生活をお手伝いしたい。その想いのもと、専門知識と経験豊かな専任職員が、電話・訪問・来所を通し、相談内容に応じてサービスの情報提供や調整を行っています。

事業内容

  • 対象地域:福岡市中央区を中心とした地域
  • 利用期間:平日9:00~17:00(休所日:土・日・祝・年末年始)
  • 相談方法:電話(FAX、メール含む)・訪問・来所等で受けています。
  • 費用:相談及びサービス調整は無料

児童・生徒の放課後活動を支援

特別支援学校の児童・生徒に放課後の活動の場を提供し、
保護者の就労や休息の確保を支援しています。

事業内容

  • 学校放課後等支援事業

利用者の活動内容

  • 室内活動
  • 運動場
  • 水遊び
  • 散歩

地域で暮らしたいを大切にします

地域の中でその人らしく生き生きと暮らしていけるよう、在宅での家事援助・身体介護、外出をサポートする移動支援・行動援護・重度訪問介護のサービスを提供します。

支援内容

  • 居宅介護
  • 行動援護
  • 重度訪問介護
  • 移動支援

地域の中で長く安定した暮らしを

障がいが重い方でも地域の中で安心して暮らせる空間・場所づくりをめざしています。より安定した生活をめざし、家庭的な雰囲気の中、一人ひとりの特性に配慮した支援を行っています。

支援内容

  • 入浴、排せつ及び食事の提供、洗濯及び掃除等の家事
  • 生活等に関する相談及び助言、バックアップ施設との連携
  • 余暇支援その他の必要な日常生活上の支援
こすもホーム
若久
こすもホーム
ぶるぅむ
こすもホーム